読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圧倒的無法地帯

なおかによる何でもアリの気まぐれブログ

Brilliant Daysがツボすぎた

プリンセスゴリラ様主催のうたプリアドベントカレンダーの17日を担当させて頂きます、なおかと申します。

 http://www.adventar.org/calendars/1465

当初の予定とはかなりズレますが、一十木音也くんの新曲、「Brilliant Days」が心に刺さりまくったので低語彙力ながら感想を!ST☆RISHモチーフアドベントクランツは完成したら載せようと思います。

 

※マジLOVEレジェンドスターのデュエットプロジェクト回ではデュエットプロジェクトの曲についてしか触れていない為、感想はあくまで個人の見解です。本当は曲の完成の経緯を知りたいところです……!

 

うたプリ9話からの音也回の展開は(ゲームプレイ済みだし)分かっていたのだけれどああいった切り込み方をされてグサッときた時もありました(いやでもテキトーな脚本より全然良いです)最後は無事錦糸町走ったし()音也くんのコメントカード見て安心したので良かったと思います。

しかしそれにしても「NEXT DOOR」がああいう曲だったので「ソロ曲一体どうなる!?!?」とドキワク不安な気持ちで発売日を迎えました。一刻も早く曲聴きたいし、パソコンに取り込むの面倒だったのでポータブルCDプレイヤーにCDを入れ再生する……

そして「Brilliant Days」が流れた!!音也くんらしい明るい曲調にホッとしたのが第一でした。ライブでパッとライトに照らされて静かに、でも優しく歌い始める音也くんの姿が思い浮かびました。でも明るい、と言っても「TRUST☆MY DREAM」みたいな学生時代とは違って「木漏れ日ダイヤモンド」みたいな落ち着きも兼ね備えた感じの明るさを感じました。大人にな"っ"たね";;;;

 

……まさに太陽のような……!!!そんな歌でした!

 

音也くんらしい素朴な歌詞も良いです。

「君と音楽がある日常」

その後の歌詞からも感じますが、今一瞬一瞬を大切にしている感じがとても好きです。

そしてその次!!!

「1,2,3,GO!」

あ"ー!!!!!これプリライで叫びたい!!!!会場全体で赤いライト振りながらこれ言いたい!!!!!!!!

 

「曇り空の日でも 苦しみの日だって 誰だって乗り越えたその表情は 1番星に輝いてるよ」

この歌詞を聴いて、“No rain,no rainbow”というハワイのことわざを思い出します。雨が降らなければ虹は出ない……。私自身この言葉を小学校4年生ぐらいから座右の銘にしているくらい好きな言葉なので、推しの口から同じような言葉が聞けて勝手に元気をもらいました……

 

間奏後の「俺の生きる場所」っていう歌詞は「音也くん良かったね……;;;;」という気持ちになりました。ステージの上で「俺の生きる場所」という音也くんを想像するとグッと来るものがあります…

 

「歌うたびに喜びが 」

音也回後にゲームをプレイし直したのですが、学生時代の彼は純粋に歌うことが大好き!!!楽しい!!という感情がはじけていたなぁ……と改めて感じました。この歌を歌う音也くんが純粋にそれを楽しんでいるのなら良いな…と思いました!

 

この歌五本の指に入るくらいに好きになりそうなんです!!

 

ここからは私の勝手な考察なのですが……

 

 

私は「Brilliant Days」というこの題名が大変気になって。なんか題名からしてキラッキラじゃないですか!!

Brilliantときいて思い出したのがブリリアントカット

ブリリアントカットとは、ダイヤモンドが最も美しく輝いて見える研磨方法のことだそうです。

それまでもキラキラ輝いていたし美しかったというのが「木漏れ日ダイヤモンド」の時点。

それから1年間、そして今回のNEXT DOORを歌うにあたって、と時には苦しい思いもして身も心も削られながら一十木音也が磨かれて「Brilliant Days」の今、前よりも一層輝いている。

という見方も出来るのかな、と個人的に思いました……!!!(あくまでマジLOVE世界線では……)

 

低語彙力で長々と書いてしまいましたが、どの曲を聴いてもうたプリの曲は素晴らしいし、まさに“キスよりすごい音楽”だなぁ……と!

残念ながらマジレジェのソロ曲はゲームにでもならない限り言及されないんだろうし、キャラクターコメントCDでもまさかの一つもコメントが無かったウソやろ……(;▽;)

能無し考察力皆無の私の想像で曲の背景補充するしかないのが悲しいところです……;;;;

 

この曲を、プリンスの歌を間近で感じる為にはやはりプリライしかないのでまずはプリライを……確実に当てて……尺的にソロ曲は難しいのかもしれませんが歌われる事を祈って……

 

音也くんもそうですが特にAクラスの真斗くんとなっちゃんも一つ乗り越えた感じがするので、また新しい1面を歌から見ることが出来たら嬉しいなと思います。

 

最後までご覧下さった方、ありがとうございました!